beers-1283566_1920

要らないモノは要らない

モノをあげても喜ばれない時代

どうもyonnです!

以前プレゼントに関する記事を書きました


よりモノが必要なくなってきた現在ではモノを貰う事の価値が下がっているというようなことです

モノをあげるというのは、善意だからこそたちが悪いのかもしれません

あげる側としては相手に喜んでもらおうと思ってあげるので、貰う側としてもいらないモノでも無下にはできません

「モノをあげたら喜ばれる」


というのは善意の固定観念なのかもしれません


プレゼントの代償

もはやプレゼントが喜ばれる時代ではない

そうとすら思えるようになりました

誕生日プレゼントはまだしもお中元、お歳暮などはもう疲弊の対象と化しています。これは大手百貨店の陰謀なのではないかとすら思います

地方と都心の人との関係で、なかなか手に入らないその地域の名産品を送り、それに返す形で送るというのならまだわかりますが、ビールやハムを贈り合うというのは二度手間のような気がします

いいように言えば、お互いを気にしているという意味のいい関係を続けるためにするもの、と言えますが、悪く言えばモノやお金で関係を繋いでいるとも言えます

贈られてくると嬉しさはありますが、それと同等分の品を送り返すので、最初から自分の好きなものを自分で買った方が良い

年賀状もそうですが、頻繁に連絡を取り合うのが難しい時代にはなじんでいましたが、現代ではそれに時間を取られる方が嫌だと考える人が多い印象があります

相手がどう反応するかはわからない

「欲しいモノを貰える場合なら良いんじゃない?」

とも思えますが、貰ったらどうしても返す義務が発生するので、それなら最初から自分で買った方が余計な義務を背負わなくて済むようになります

僕にも友達がいますが、プレゼントを贈り合うなんてことはしません

でも、それでも悪い関係にはならずダラダラとした関係を続けています

「プレゼントをしないと関係が悪くなる」

というのも固定観念の一つかもしれません

「プレゼントすると関係が良くなりますよ」というのは「プレゼントをしないと関係が悪くなりますよ」と脅しているとも取れます

また、モノをあげたら喜ばれるという固定観念を持っていると、相手に粗雑に扱われた場合

「プレゼントをあげたのに失礼な奴だ!」

と一方的な不快感を感じる事になります。ある意味ではプレゼントで相手をコントロールしようとしているともとれます

「モノをあげたら喜ばれれる」
「モノを贈り合うと関係がよくなる」


こういう固定観念を持っていない方が楽に生きられるようになるのかもしれません

善意の固定観念


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット