roll-1239213_1920

いつトイレットペーパーに切り替えるの?

1年間の実験結果

どうもyonnです!

昨年の9月くらいにこんな記事を書いていました

部屋で使うティッシュをティッシュペーパーではなくトイレットペーパーにしてみようという実験です

早いモノで、この実験を始めてからすでに1年以上が経過していました

もちろん、この実験の結果は僕が現在でもトイレットペーパーを使っていることからもわかるように

トイレットペーパーで問題ない

という結論に至りました
1年間トイレットペーパーを使ってみての感想を書いてみようと思います


トイレットペーパー生活

トイレットペーパーを使い始めた当初は、いちいちちぎる必要があったので少し面倒くささもありましたが、これはすぐに慣れました

それよりもメリットの方が僕にとっては大きかったです

特に使用用途によって紙の大きさを自分で変えられるので、必要以上に使いすぎないので取り換えの頻度がティッシュペーパーに比べて減ったことが大きいです

トイレットペーパーに変える前にティッシュペーパーで実験したのですが、僕が部屋で使うティッシュの使用ペースは大体ひと月に1箱というペースでした

トイレットペーパーに替えた当初はまだ何に対してどのくらい使えばいいのかわかっていなかったので、多めに使っていてその時はひと月に1ロールという感じでした

しかし、最近は慣れてきたのか大体1ロールでひと月半くらいはもつようになり

コストでトイレットペーパーの方が効率がいいという結果になりました

トイレットペーパーは1セット買うと12ロール入ってくるので、それだけで1年は軽く持つ結果となりました

ティッシュペーパーの時は何度もスーパーに買い物に行っていましたが、1年に一回買うだけということで労力が減ったことも重要です

また、使い終わった後も芯を捨てるだけなので簡単です、ティッシュは箱を潰すのとか地味に面倒臭かったのでこの辺も小さな利点です

そして使っていて気付いたのが、あとどれくらいで無くなるかが把握できるというのが意外なメリットでした、これ重要です

ティッシュペーパーだとボックスに入っているので、あとどれくらいあるかが見た目では分からず、必要な時に「うわっ、無くなっちゃった」ということが何度もありました、予備もなかった場合は最悪です

しかしトイレットペーパーだと小さくなってくるので、「おっ!もう少しで終わりだな、予備あったっけ?」と事前に知ることができるので、なくなって困ったということがありませんでした

利点多し!

ということでトイレットペーパーを日常的に使う利点として

・コストが掛からない
・買い物の頻度を少なくできる
・急になくなることがない


ということがあげられます

日常的に使うモノでこの利点があるので、今のところティッシュペーパーに戻す利点がありません

また、以前から述べているように、ペーパーをティッシュとトイレットペーパーというように2種類買う必要がなくなり買い物が楽ということもあげられます

まあ、しかしながら家族には浸透しませんでしたね、見かけの問題でしょうかね?

なので自分の部屋だけですが、僕が楽ならいいので僕はトイレットペーパーを使い続けるでしょう

眼鏡ケースに使ってたりもしてます
消耗品はできるだけ低コストで抑えたいと思っている方は、トイレットペーパーを試し見てください

ティッシュペーパーの断捨離!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット