coins-1015125_1920

購入頻度を考える!

僕のTシャツ事情

どうもyonnです!

僕は私服の制服化をしているので、服の数自体は少ないのですが、それでも年に数回は服を購入しています

特に一番買う頻度が多いのがTシャツですね
Tシャツは3枚持っていて、それを毎日ローテーションで使っているので結構痛みやすかったりもします

それでも
Tシャツ1枚につき1年半から2年くらいは着続けている感じです

現在持っているTシャツは恐らく
2016年に買ったモノが2枚
2017年に買ったモノが1枚
という構成です

買ったと言っていますが、実際に自分で買ったのは1枚で、後の2枚は貰い物だったりします

なのでここ3年でTシャツに掛けたコストは自分で買った700円になります

3年で700円ならば悪くないのかなと思います


服の購入頻度

せっかくなんで
その他の服もどのくらいの頻度で購入しているのか調べてみました

Tシャツ: 1.5~2年
カーディガン: 2年
ダウンジャケット: 5年

ズボン: 5~10年
半ズボン: 5~10年

下着: 1.5~3年
靴下: 1年

こうしてみるとズボンのコスパっていいんですね
毎日履いてるけど安物でも耐久性はかなり高いんだなとよくわかりました

流行とか体系を気にしないで耐久性のみを考えれば、本来ズボンって生涯であまり購入しなくていいモノだったんですね

Tシャツ、下着、靴下を毎年買って他は数年に1度買う

という程度でいいので
案外、洋服も消耗品と考えれば、毎年数千円の固定費として考えることもできそうですね

現に僕はここ数年洋服代は毎年1万円以下で収まっています

分割の罠

洋服の購入頻度を考えてみたことで
僕が今後使う必要のある洋服代もなんとなく理解することができました

毎年1万円として
あと50年生きるとすると50万円

50万円…か…
こう考えると案外使ってしまうものなんですね

でも、これが毎年2万円の人だと100万円、3万円だと150万円を今後洋服代に使うということです

ちょっと怖くなってきますよね…

こんな風に
今自分が持っているモノの購入頻度を簡単に調べてみると、今後どのくらいのコストをそのモノに掛けるのかを知ることができます

そして意外にかなり高額になることに気が付く

これを考えると
以前の記事で書いた枕のように、今後全く買う必要がないモノと出会うことが、どれ程幸運なことなのかが実感できますね

毎月ではそんな大した金額をかけてないつもりでも、生涯コストとして考えると莫大なコストを支払っていたということに気付くこともできます

この逆の考えが、分割払いや、リボ払い、というもので高いモノを安いと思わせるトラップです

何かを買うとき「10年使うと考えると1年単位では少なくて済む」なんて考える人も良くいますが、それならば逆の「これを買い続けると生涯でいくらになるんだ?」という考え方も取り入れるべきです

分割で考えず生涯一括で考える
ことで無駄なモノを買うことが少なくなります

それに生涯いくらかけるつもりなの?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット