books-3348990_1920

持ち物は物質から情報にシフトする

安定期

どうもyonnです!

かれこれ数年ミニマリストとして生きてますが
実は先月4月はミニマリストらしからぬ月でした

はい
モノの増減が全くない月だったんですよね

買いもしなければ
捨てもしなかった月でした

このブログを始めてからは
恐らく初のできごとです

いや、まあだからどうしたってこともないですけど

今のモノたちがちょうど
自分の心地いい数になったのかな

なんて思いました


価値は情報に見いだせ!

まあ、とは言え
電子データは増えてるんですよね
先月は無料の電子書籍しか購入していないので
お金は使ってないけどデータ量としては増えてます

物理的なモノを持たなくなり
電子データの情報量だけが増えていく


うん、
なんか未来的ですね

欲しいのはモノではなく情報
という価値観に移行してきているのかもしれません

最近は
洋服を100均で買うようになったということも
物質に価値を見出さなくなってきているから
なのかもしれない

これまでは実際に持っていること
所有していることに価値があったのだが

次第に
物質ではなく情報の方に価値を見出していくようになっている

今後、多くの人は
持ち物の割合が物質より情報の方が多くなってくる

情報の方が高価なのだ
物質よりも情報の方が僕たちを幸せにしてくれるのだ

考えてみると
これは当たり前のことだったのかもしれない

例えば
プレゼントを貰って嬉しいのは
貰ったモノよりも貰ったという事実・情報
そちらの方がより嬉しさ・幸福を感じられる

目に見えるモノの方がわかりやすいから
そちらの方が嬉しいと錯覚していたのかもしれない

人は情報で幸せになれる

うん、このテーマはもう少し考えてみようと思います

物質と情報を分けろ!

ということで
自分の価値観が変わってきたのかな
という感想でした

この記事を書いていて思ったのは

僕が卒業アルバムを断捨離できたのは
モノから情報だけを吸い出せたからなのでは?

ということ

卒業アルバムは多くの人が思い出のモノ
として捨てることがなかなかできないけど

それは
ただのアルバムという物質に
思い出という情報が付加されているからではないのか?

大切なのは
アルバムという物質ではなく
思い出という情報の方

だから僕は
卒業アルバムを電子データ化して
残しておきたい情報だけを吸い出した

それによって
アルバムの方は価値がなくなったので断捨離することができた

まあ実際に
卒業アルバムを断捨離したときは
ここまで考えなかったけど、こういうことだったのかもしれない

この例からも
やはり価値は情報の方にある
ということがわかる

ドライな考え方
と思われるかもしれないけど
未来の世界ではこの考え方が普通になってくるんじゃないのかな?

未来人は物質的なモノを大切にするのか?
みたいなことも考えていこうと思います

価値は情報の方にあり


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット