business-1149630_1920

サラリーマンでもミニマリストになれる


モノ持たぬサラリーマン

どうもyonnです

ミニマリストって聞くと、主婦の方やフリーランスの人が多い、というイメージがあります

普通のサラリーマンだと会社関連のしがらみが多く、捨てられないモノも多く存在します

しかし、そんなサラリーマンでも会社で使うモノを最低限にすることでミニマリストになることもできます

今回は現役サラリーマンミニマリストの僕が、サラリーマンでも実は捨てられるモノをご紹介します

通勤カバン
briefcase-1578138_1920

「ビジネスバッグは何を使ってますか?」


多くの方は片手で持てる四角いカバンだと思います

でも…

あれってそんなに便利じゃないですよね?

なぜ皆あのタイプを持つのが当たり前、みたいな風潮になってますけど、あのタイプじゃなきゃいけない利点がない、むしろ欠点の方が多いと感じます

・そもそもあまり多くモノがはいらない

・会社用にしか使えない

・電車内では片手がふさがるので、強制的につり革とカバンで手がふさがりスマホや本を見れない

・電車の網棚に乗せると忘れやすい

・電車内で座って持つときも微妙に大きいので、隣の人の邪魔になる


このように、特に通勤の際の持ち運び性能が悪い

確かに書類が入れやすい、という点は利点だけどそれだけしかないのでは?

なので僕はリュックタイプをおススメします、最近使っている人、駅とかでよく見ますよね

僕が使っているのはこちら


様々なメーカーから、似たようなモノが出ていますが安いのだと5,000円前後で購入できます

DSC_3564

見た目はスタイリッシュですが容量も大きいです

DSC_3568

背中側にはパソコンを個別に入れられるスペースがあります、パソコンは高価なモノなので自分の体に一番近い場所にあると盗まれる心配もないです

書類もファイルなどに入れてから、ここに入れれば折れ曲がる可能性も少ないです

別にこのバッグでなくてもいいですが、リュックタイプならビジネス用でも私用でも使うことができ、それぞれを分ける必要性がなくなります

現に僕はこれを使い始めてからは、通勤カバンやスーツケースまでも断捨離してバッグはこれ1つのみの所有になりました、旅行の際もこれで十分です

もちろん、通勤時にも両手が空くので電車内でも自由度があがりました

会社の規則で、どうしても片手持ちの四角いカバンでなければいけない場合は仕方ありませんが、そうでないのなら利点が低いカバンを持ち続ける理由はありません

汎用性の高いカバンを選びましょう

腕時計
a0150_000064

こちらもサラリーマンの象徴みたいなモノです

いい時計を持つことがステータス

という時代もありましたが今はそんな時代ではありません

なぜ、時間を知るということだけにモノを一つ持つ必要があるのでしょうか?

腕時計が好きという人の場合は別にいいですが、ただなんとなくサラリーマンとして社会偉人として持つのが当たり前だから…

という理由で持っているのなら、それは考え直すべきです

今や時間を知るのにはスマホで十分です

腕時計がなきゃいけない状況なんてそうないです、社内であれば時計はどこかにあるでしょうし、パソコン作業が主な方はパソコンに表示されてる時計を見た方が早いです

外出時にもスマホは必ず持っていきますよね、もう腕時計である必要性がないです

しかもサラリーマンだと、ビジネス用の時計でないといけないという暗黙の了解もあります

私用で使えないモノを持つくらいなら、初めからいらないと割り切った方がいいです

半袖ワイシャツ
a0002_004909

最近は私服OKの会社も増えてきましたがスタンダードはスーツですよね

さすがにスーツを断捨離して、いきなり私服で会社に行ったら「もう、帰っていいよ」と言われるのがオチです

しかし、スーツは断捨離できなくてもワイシャツは断捨離できます

そう、半袖ワイシャツなら

夏用に半袖のワイシャツを持っている人も多いかと思いますが

袖折ればいいんですよ

わざわざ夏しか着られないモノを持つ、というのはいかがなものなのか?

確かに夏用の方が少しは涼しいと思いますがそこまで差があるとは思えません

夏でも外を走り回る営業マンの方ならともかく、室内での事務作業が主な方が持つ必要性は高くありません、一度検討してみてください

筆記用具
a0005_000233

筆記用具は会社にあるので、多くを持ち歩く人は少ないと思いますが、それでも機能性が高い筆記用具を持つことにより、数を減らすことも可能です

僕は現在シャーボ1本しか持っていません

シャーペンとボールペン3色が合体してるやつです、大抵はこれ一つでなんとかなります


安くて機能的なのでコスパがいいです

またほかにも、印鑑付きのボールペンにすることでも持ち物を減らすこともできます


さらには職業によっては、スケールやドライバー付きのペンなんかもいいかもしれません


ペン1つの機能だけではなく、どうせ持つなら多くの機能を兼ね備えたモノにすると意外なモノが減らせることもあります

文房具は日々進化しているので、探してみると面白いモノがたくさんあります

名刺
a0001_001886

こちらもサラリーマンの象徴

現在は、電子化される場合も多くなってきていますが、相手先が紙の名刺を渡してきた場合には、こちらも同じモノで返せないのはちょっとギクシャクしてしまうので、完全に手ばなすのは難しいですよね相手がいることなので…

しかし、もらった名刺を断捨離することはできます

現在はスマホアプリで様々な名刺管理ツールがあります

名刺ホルダーを持っている方も多いと思いますが、やはり電子化した方が場所も取りませんし検索性能も高いですなくす心配もなくなるし、出先でも確認できます

アプリは無料のモノも多いので、試しにいろいろ使って自分に合うのを探すのもいいですよ

小銭
a0002_006825

財布をと言いたいところですが、さすがにそこまでは厳しいこともあるので小銭としました

まあ、ここで言いたいのはお金は電子化しましょうということです

クレジットカード、スイカ、パスモなど

サラリーマンが平日お金を使うのなんて、コンビニ、自動販売機、券売機、レストランぐらいですよね

ほとんどの場合、電子マネーカードがあれば問題ないです、そちらの方がポイントも貯まりますし、一円単位まできっちりと把握できます

家計簿をつける場合でも、現金で持っている方が意外と小銭の端数を省略してしまいがちです

クレカについてはこちらの記事にも書いているのでご覧ください

年会費無料のゴールドカード!エポスカードを手に入れた
【クレカ】使用2か月目ですでに年会費以上の得が確定したsuica viewカード

朝食
a0002_012134

モノの枠を飛び越えます

朝食も断捨離できます

サラリーマンの朝は早く、朝の時間はとても貴重です

余裕をもって出勤するためにも朝食を食べないという選択肢があることも認識しておいてください

朝食を食べないと体に悪い、と言われていますがそれは本当でしょうか?

そもそも
なぜ3食食べる必要があるのか?
を明確に答えられますか?

多くの人が子供のころから、なんとなく1日3食だったからという理由で特に考えもしてないと思います

別に朝食べなくでも平気です

現に僕は4~5年前から朝食抜きの1日2食を続けています、健康診断は毎年受けてますがすべての値が正常です

「そうはいっても、朝食べないと調子が悪いんだよ」

という人もいるでしょうが

いつも3食食べてた人がいきなり朝食を食べなかったら、それは調子が悪くもなりますよ

最低1か月は調整期間をとり、間食をしない、1回の食事量を減らすなどでゆっくりと1日2食に移行していく必要があります

期間はかかりますがこれが定着したときの恩恵はデカいです

・朝の睡眠時間が少し増える
・朝活ができる
・奥さん(に作ってもらっている人は奥さん)の手間も減る
・早めの電車が空いてる時間に出勤できる


もちろん人によって合わない人もいるので、すべての人におススメというわけではありませんが

利点が多いだけに試してみる価値はあります

合わなそうだったら元に戻せばいいだけのことです

仕事
a0003_001808

「こいつ…、ついにおかしなことを言い始めたぞ!」

と思われるかもしれませんが本気です

仕事の断捨離

といっても「仕事をやめろ」、と言っているのではありません

仕事に関する昔ながらの固定観念を捨てよう!

ということです

今の時代、安全な職などありません、昔では考えられなかった大手が次々と倒れています、手堅いといわれている公務員も今後給料が上がる見込みはほとんどないでしょう

一度就職したら一つの会社にしがみつくことの危険性に多くの人が気づきだしています

複数の仕事を持つことが今後のスタンダードになるでしょう

何も休日にアルバイトをするべきということではなく

自分の持っている技術・情報を発信することによって、本業+αを目指してみましょう

リスクが低いのは現在僕が書いているブログです

ブログでもお金が稼げます、自分の得意な知識をブログに書き、そこにアフィリエイトと呼ばれる広告収入を載せることによりお金を稼ぐことができます

といっても、簡単にはたくさん稼ぐことはできませんが、続けることができれば年に数万円くらいの稼ぎにはなります

しかしながら、ブログ収入の利点はお小遣い稼ぎができるということではなく、ストック型のビジネスを持てることにあります

例えばコンビニでアルバイトをして、1時間900円だとしたら、1時間自分が働いた結果は900円という価値にしかなりません

しかし、ストック型のビジネスはいきなり大きな額のお金を稼ぐことはできませんが、1度の労働による成果がそのサービスが動いている限り働いてくれます、仮に今日書いた記事が1日1円に稼いでくれるとしたら1年で365円、10年で3650円となります、もちろん記事は1つじゃないので、書いた記事数だけ利益が加算されます、この結果をどうとるかはその人次第ですがこういうタイプのビジネスもあるということです

youtubeなんかも最近は有名になりましたが、こちらもストック型のビジネスと言えるでしょう、初期投資が必要ないのでとりあえず試してみることをおススメします

本業以外のビジネスをやる利点は余裕が出るということにつきます、お金の面でもそうですがそれ以上に精神的な余裕が生まれます

1つのビジネスからしかお金を得られていないと、理不尽な要求や人間関係にも強気になることができずにストレスを溜めながら生きなければなりません

しかし、他のビジネスで数100円程度でも稼げるとお金を稼ぐ手段はほかにもあるんだとわかり余裕ができるようになります

余裕が持てると無駄な仕事は断れるようになり、本業の方もより効率的に働けるという効果もあります

無駄な仕事の断捨離を目指しましょう

副業なんてそんな暇はない!

と多忙なビジネスマンは思うでしょうが

ストック型のビジネスもある

という選択肢を知識として知っておいてください

アフィリエイトのアクセストレード
減らせないのならコンパクト化しよう

ここからは完全には断捨離するのは難しいけど、コンパクト化することでモノの重量を減らすことができるモノをご紹介します

・折りたたみ傘
傘は断捨離するのは難しいですがコンパクト化することでカバンにも余裕を持つことができます


コンパクトなのでカバンの容量を気にする必要がありません、常にカバンに入れておいても邪魔にならず、毎朝天気予報を見て傘を持っていこうか考える必要もなくなります

雨に濡れた後広げて乾かすとき場所を取らないのもいいです

・モバイルバッテリー
ビジネスにおいてスマホの重要性が高くなってきた昨今、バッテリーは死活問題でもあります

モバイルバッテリーを持つ方も多いと思いますが、コンパクトなタイプもあるので検討してみてください


スマホ1回分の充電ならこのサイズのモノがあります、ポケットにも入る大きさなので邪魔にならないし、1つもっていると安心感もありますよ

・エチケットカッター
清潔感も重視されるサラリーマンですが眉毛ばさみなどは種類も多いですし、簡単に使用できるわけでもなく、持ち歩くのには適していません

その点このエチケットカッターなら眉毛、鼻毛、長さによってはを簡単に整えることができます
単3電池1本の電動なので手軽だし、コンパクトなので持ち歩くのにも適しています、音もそこまで大きくないので、ちょっとトイレで素早く済ませることもできます、1,000円以下と安いので試しに使ってみて損はないです

最後に

というわけで、今回は特にサラリーマンにおススメできる断捨離方法やアイテムをご紹介しました

サラリーマンですと対面上の問題もあり、簡単に断捨離することは難しいモノが多いかもしれませんがなんとなく当たり前に持っていたけど本当に必要なモノなのか?を考えるのは重要なことです

ただモノを減らすことが大切ということではなく、それによって自分の時間を多く取ることができたり、無駄なモノの持ち運びや管理、亡失などに余計な気を取られなくてよくなるというのがモノを減らすこと、ミニマリズムの利点です

本当に必要なことに自分のリソースを使うミニマリズムはここを考える訓練でもあります

こちらもどうぞ↓
会社員がミニマリストになる利点
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット