利点が弱点になる

部屋の変化は自分の変化

どうもyonnです

部屋は自分の心を映し出す


とはよく言われることです


部屋が片付いておらず
モノが散乱しているときは
自分の心も乱れていることが多いです


でも
ミニマリストになり
部屋にモノが少なくなった今思うことは

部屋の変化で
自分の変化も知ることができた


自分の成長を目に見える形で表してくれていた
ということ

DSC_0597
DSC_2138

モノが少なくなった部屋を見ると

「ああ、多くのモノに頼らなくても生きていけるようになったんだな」

と自分の成長を実感できます


断捨離という行動は
やった成果がすぐに目に見えてわかる
というのが続けられる人が多い理由の1つだと思います

筋トレやダイエット、勉強
というのは
やってもすぐに成果がでるわけでもなく
モティベーションを保つのが難しいです

しかし
断捨離はすぐにわかる
捨てたら捨てた分だけのスペースを見ることが出来る


部屋が変化しない→自分が変化してない?

自分の努力の成果がすぐにわかる断捨離ですが

それゆえの弱点にミニマリストになって気づきました

それは
モノには限度があるので

ある地点まで行くと
変化することが出来なくなる


という
まあ、当たり前のことです


僕の部屋も
上にあげた写真の状態から
1年ほどほとんど変化がないです

ミニマリスト部屋から
それ以上の変化ができなくなることが弱点でもありました


部屋が変化してないと
自分も変化してないように感じてしまいます


変化の場を見つける

なので
現在は今書いているブログ
自分の変化を認識しています

続けて見て頂いている方には
「いろいろ手を出し始めているな」
ということを感じて頂けているのではないでしょうか?

断捨離には
変化を楽しむことができる
変化を恐れなくなる

という利点がありますが

ある地点に到達する前に
他にも自分が変化できる場
を見つける必要があるのかもしれません

ミニマリストを止めてしまう人というのは
それを見つけられなかったのかもしれない


すぐに自分の変化がわかる断捨離は
自分が成長してると実感できるので
ついついのめり込みがち

しかし
ある地点からその変化の速度が落ちてしまう

これは捨てるモノがないので物理的に仕方がない

でもそのせいで
自分が変化してないと感じてしまう

なので
ミニマリストをやめて
逆にモノを増やすことで変化を感じようとする

もしかしたら
やめてしまう人にはこんな流れがあるのかも


まあだからといって
モノを増やすことが悪いことではないが…



かなり前から記事に書いているが
断捨離の利点は
変化を受け入れられるようになること

だからこそ
断捨離できるモノがなくなり
変化できなくなる自分に不満を感じるようになる

なので
断捨離がある程度進んだら
自分が変化できる他の場所を探すことも
実行する必要があるのかもしれない


人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット