どうやって捨てるか

机を断捨離

どうもyonnです

昨年から捨てる捨てる
と言ってきた机を
ついに断捨離することができました

これです
DSC_2084
DSC_2083


これ自体昨年買ったモノなんだけど
パソコンラックを買ったので不要になりました

安くて軽いのでよかったんだけどね
欠点が一つあってね

なぜか僕のワイヤレスマウスが
この机の上だと動かない

ということが判明した

持っているのはこれです
DSC_1966


なんでだろう?
机の素材かコーティング
がマウスの存在を認識しないのかな?

まあマウスパッド敷けば大丈夫なんだけど
マウスパッドってその範囲しか動けないし
なによりモノが増えるのが嫌なので
マウスパッドを買う選択肢はなかった

実際には床にマウスをおいて使ってました
床はマウスを認識してくれる

まあ今回のことで
机を買うときは
・マウスが動くかどうか
というポイントを確認しなければならない
 
この視点を手に入れることができました

まあもう机を買うことはないだろうが…
何を重視するか

まあということで机を断捨離したわけなんですが

今回は僕に珍しく
人にあげて断捨離する
という方法を取ってます

何度かこのブログでも
人にあげての断捨離は
自分で処分する
というある種の痛みを伴わないので
 
・この先の断捨離もしづらくなる
・モノに責任を持っていない


という理由で
あまりお勧めでjはありませんでした


それなのに今回僕がこの方法をとったのは

・早く断捨離できる

という点を優先したからです

というのも
今回の机は
大きさ的に粗大ゴミに当てはまりました

そのため
うちの地域では
粗大の日が決まっていてそこまで
捨てることができません

捨てると決めたものは
早く手元からなくしたいので
今回はスピード重視で「人にあげる」
を選択しました

まあ
それに
僕はもうほとんどのモノを断捨離してきたので

・この先の断捨離もしづらくなる
・モノに責任を持っていない

この2つはもうクリアしているるというのもあります


誰にあげるか

今回は本当に久々に
「人にあげる」を実行しましたが
やはりこれは楽ですね

ただあまり多用しない方がいい

また
人にあげるにしても
「誰にあげるか」
というのは結構重要です

というより
「家族にあげる」
禁じ手です

「家族にあげる」は
一番しやすく何度もしてしまいがちになります

自分は断捨離したつもりでも
結果的に家にあるので
どこかで目についてしまい断捨離効果が弱い

倉庫代わりに使っているだけ
ということになりかねない

ということで
「家族にあげる」は避けなければなりません

ちなみに今回僕は
今回は友達にあげました

「友達の家で目につくじゃないか」

とも思いますが
この年になると
友達の家で遊ぶ
なんてことはほどんどないので
その確率は低いです


ただこの「人にあげる」
という行為は

あげる側としては楽でいいけど
もらう側としては捨てづらくなるという副作用もあります

まあ
もらう側はミニマリストではないと思うので
問題になることはありませんが

もしかしたら
もらう側がミニマリストを目指したら
その時あげたモノがその障害になる可能性もある

いや
これは考えすぎですね

もっと自分に集中しよう



というわけで机を断捨離して
今年の目標である
・収納をクローゼットの左側だけにする
に少し前進しました

一歩づつ進んでいきます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット