a0002_010886

自分が一番信用できない 
だからミニマリストになった

努力の方向

人が信用できないっていう人多いけどね

僕は自分が一番信用できない

よくモノを忘れるし
やらなきゃいけないことがあっても
後回しにするし
一度にいろんなことやろうとすると必ずミスするし

うん、
僕だったらこんな人間
信用しませんよ



でもこんなのでも何とかして
生きていかなければならない


そこで普通の人なら
短所を克服するため
能力を上げる努力をする



これ正攻法だね
主人公がやるやつ


でも僕は
短所を克服することすら面倒くさがる

だから
能力を上げるのではなく
苦手なことをしないでいい方に努力した
ミニマリストというシステム
a0002_001656


自分の能力を上げるのではなく
ミスをしない環境をつくればいい
ミスをしないシステムの中に自分を置けばいい
そう考えた




僕がミスをしないようにするためには
ミニマリストというシステム
一番合っていた


モノを忘れる・無くすなら
モノ自体がなければいい

後回しにするなら
それをせざるを得ない環境をつくればいい

一度にいろいろやるとミスするなら
一つしかやれなければいい

ミニマリストというシステムには
これらが可能だった


ミスをしないように努力するのではなく
ミスが出ないような環境(システム)をつくる

こっちの方が楽だし
ミスする確率もグッと減る



俺は悪くない!

自分の能力って簡単に上がるもんじゃないし
その時のコンディションや年齢によってのムラが激しい

でも環境(システム)は一度つくってしまえば
その中にいる限りは一定のパフォーマンスを発揮し続ける


何かミスをしてしまったとき
その再発防止策として

自分の能力を上げる
ミスをしないように努力する

と考えがちだが
そうではなく

ミスをしないようなシステムをつくる

こう考えた方がいい


この考えだと
もしもう一度ミスが起きても

自分の努力が足りなかったのではなく
システムに不備があった

ということになる


自分を否定する必要が無くなる

だってシステムが悪かったんだから
努力が足りないからじゃない

だからシステムを改善すればいい
この繰り返し


この考えをしてから
世間の事故とか事件とかへの印象が変わってきた

その事件、事故を起こした人が悪いのではなく
それが起こせてしまうシステムが悪いのでは?


人間は必ずミスをするからね
完璧にはできない

だからシステムの方を完璧にする
自分はそのシステムの流れに乗るだけ

自分も人も否定しないでシステムを否定しよう


とりあえず
モノを忘れるとかいうことには
ミニマリストというシステムが有効です

その
ミニマリストというシステムもさらに改善して
自分にとってより楽に確実な成果をだせる
システムに変えていこう


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット