41gZ7a3didL

久々にメンタル系の本を読みました
しかも自衛隊のメンタル教官著書
これは期待できる

 
メンタル戦場

現在の日本は、自殺が14年連続で3万人を越えてきたストレス社会だ。2012年、15年ぶりに3万人を下回ったが、メンタル戦場と言ってもいいだろう。

事故や災害などのリスクが減る一方
メンタル面で傷つくことが多い現代日本
著者はメンタル戦場と呼んでいる

そしてやっかいなのが精神的苦痛の大抵の場合は
長期にわたって続くという点

短期的には耐えられても
どうしても長期にわたって苦痛が続く

なぜ我々は長期的な心理的苦痛を感じてしまうのか?
自衛隊のメンタル教官である著者が
その原因と対処法を教えてくれる

自衛隊のメンタルの強さは「長期戦を戦える力」であるということだ。


苦痛をため込む原因とは?

特に日本の社会ではどうしてもムリをしがちだし、周囲もそれを称える。はたから見ると、ムリが好きな人種にさえ見える。

何らかの苦痛や嫌さは感じるが、「対処するほどのもの」とは意識していない。だから「特にストレスではない」と言うのだ。

精神的に病んでしまう理由それは

日本人は自分でもわからないうちに
ムリをしてしまっているからだ
ムリが好きな人種とさえ言っている
この自分でもわからないというのが怖い
気づいた時には手遅れになる

不思議なのは、それほどムリをする必要がないように思える状態でも、人間は自分を追い込む癖があるようだ。

それどころか、「単に、自分の能力や努力が足りないだけ。だからもっと頑張らなければ」と考えてしまう。そして、ムリにムリを重ねてしまうのだ。
 
社会的にもムリをすることは
一種の美徳であるとさえ考えられている日本

これはもう国民性というより国民病だ

ムリな力を加えると、機械は壊れてしまう。組織が、ある部署やある工程にムリをさせると、その作業に渋滞が起こり、結局、全体を遅らせてしまう。

ムリは短期的に見ると
爆発力があり有効な手段にも見えるが
必ずそのツケが回ってくる
大局的な視点を持つことができず
目先の利益だけを追い求め取り返しがつかないことになる


特にムリをしてしまう人の特徴は
「子供の心の強さ」を持っている人らしい

私は心の強さには2種類ある、と説明している。「子供の心の強さ」と「大人の心の強さ」だ。

子供の心の強さは、子供時代、実際に成功に結びつきやすかった。というのも、子供時代は毎年自分自身の体力・知力が成長する。我慢して努力していれば、だんだんできてくるように

大人の社会でムリを溜めやすいのは、子供の心の強さが強すぎる人たちだ。

頑張っている自分が好きで、子供時代の栄光を引きずっている。

子供のころの努力からの成功体験
これが大きい人ほど
なまじ成功しているだけに「子供の心の強さ」から抜けきれない

学生時代に、100mを12 秒で走れたから、50 歳の今も同じように走れると思う人はいないはずだ。なのに、仕事のストレスは、過去に乗り越えられたから……と考えて

今までの成功体験を捨てることができない
常に同じ方法で戦えるわけではない
ということが理解できない
変化に躊躇してしまう

戦場は常に変化するということを
忘れてはならない
メンタル戦場を生き抜くために

では現代の社会を生き抜くためには
どうすればいいのか

いくつか対策を教えてくれている

疲労するということは戦力が低下するということだ。任務達成が危うくなる。そこで、戦力が低下しきる前に、部隊を交代させる。つまり、隊員を休ませるのだ。


隊員にとって、休養することは、頑張ることと同じ、いやそれ以上に必要な「仕事」なのだ。

やはり休養が大切
仕事以上に必要とまで!
これは週休2日制はおかしいってことですね

そして「大人の心の強さ」を持つこと

大人は、体力・知力の飛躍的な伸びはない。今の「自分」を愛し、認め、上手に使いこなす能力が必要になる。
ポイントは、「動」と「静」のストレス解消法を持つことだ。特に「静」のストレス解消法を準備することを強調している。
ストレス解消にも2種類ある
僕はどちらかというと
「動」の解消方法を持ってないかも

他にも様々な方法を教えてくれる



この本の魅力

いや~上記で引用した部分だけでも
ハッと思わせる言葉でしたね

しかし何を隠そう
上記で紹介した文章はほとんど
第1章のモノです

まだこのクオリティで第2章、第3章へと続きます

ほんと濃厚


自衛隊のメンタル法というと
なんとなく脳筋的な方法

(めちゃくちゃつらい訓練を受けたことにより
通常のストレスが屁でもなくなる)

が思い浮かびますが

そうではない

理にかなった方法を取ってます


読んでて感じたのは
自衛隊という組織は
波があってはいけないということ

悪い方にはもちろん良い方にも突出してはいけない
常に一定の効果を発揮できる組織

だから無理はしない
必ずその反動がくるから

そこを襲われたらひとたまりもない

常に一定のラインを全員が意識している
不測の事態のために常に余裕を作っている


大切なのは一つの成果を上げることではなく
平常の状態を維持すること


戦い続けられること


続けるためには余裕を持つこと
これが本書が伝えてくれたこと


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット