a0002_010388

<追記>
捨てる経験値を貯めよう


最初に捨てるのはどーでもいいモノ



断捨離術だテクニックだ
いろいろあるけど捨てるからこそ捨てられるようになる

断捨離を始めようと意気込んだは
いいものの思いでのモノなんかが捨てられず
途中で辞めてしまう


初心者にはよくあることです


いや最初っから
思い出のモノとか普段使ってるモノが
捨てられるわけないよ

断捨離で部屋に何もなくなった人だって
いきなり全部を捨てたわけではない

最初はみんな
「いや、これは絶対捨てられないな」
ってものがあります

みんなある


だから最初に捨てるのは
どーでもいいモノからだ

うん絶対あるんだよ
どーでもいいモノって

なんで捨ててないの?
って思うぐらいどーでもいいモノ
絶対持ってる

サイズが合わない服とか
学生時代学校で配られてプリントとか
一つだけあるレゴのブロックとか


そーゆーモノをまず捨てよう
捨てるウォーミングアップをしよう
ドラクエでいうとスライムを倒す感じ
簡単に捨てられる

この捨てられるというのが大事


成長している



どーでもいいモノでも捨ててると
以外にキレイになってくる
どーでもいいモノばっかりだったと気づきます

そんなどーでもいいモノを
全部捨てると次は

いつか使うかもタイプ

このタイプのモノも
以前より抵抗なく捨てることができます

この時点では結構な確率で
代替品を見つけていることが多いです

コレがなくでもアレで代用できる

って感じで


持っててもしょうがないよね
という一種のあきらめに達することができる


捨てること続けていることでだんだんと
自分が変化していることに気付ける
自分が成長していることがわかる



続けよう



とにかく続けることが大切

まあそりゃ
一度に部屋がきれいになるならそれでいいけど

そんな簡単に変われたら苦労はしない
少し片付く→少し楽になる→少し片付く→少し楽になる→…

この繰り返しを続けることで
部屋も人も変わることができる

日々小さな変化に気付くことができる
自分の成長に気付くことができる



続ける=変化する

ってこと

今まで捨ててきたという
過去の経験値があるからこそ


次の大物に挑むことができる


小さなモノを捨ててきて
余裕ができたからこそ
大物に挑める

余裕がない状態で大物に挑んでも
負けてしまいます

大物を捨てるにはそれなりの経験値、
準備が必要



だからまずは
捨てられるものから捨てよう

大物に対しては
「待っていろよ すぐにそこまで行ってやる!」

と主人公っぽく思っていよう


人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無し
    • 2017年10月13日 19:43
    • 「やる気はやり始めないと出てこない」のと同じですね~。
      不思議なもので、最初は明らかにゴミ同然であるはずの物(無駄に溜めたレジ袋や何年も使ってない半壊した文房具等々…)ですら、捨てるには惜しいという感情が押し寄せてきて、なかなか着手出来ないんですよね。
      行動は最初の一歩が最も億劫なように、断捨離も最初の一捨てに最大の心理的障壁が潜んでいるような気がします。
    • 2. yonn
    • 2017年10月14日 06:40
    • まさにその通りですね
      なのでどんな小さなモノでも捨て「続ける」ことが大切だと思います
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット