椅子も机も捨てたが
さほど不便ではなく

ちゃぶ台生活にも慣れていた


しかし



いつものようにパソコンでニコ動を見ている時
事件は起こった



お前…消えるのか…?


一瞬ピカッっとなり部屋が暗くなる


電気が消えたのだ!


あれっ?
と思って部屋のスイッチを入れるがつかない



蛍光灯がきれた

あーひさしぶりだなー
予備あったかな?

とか考えていたが


いざ取り換えるか
となった時
気づいた


あっ


届かない


a0150_000005

椅子がない生活のデメリット

なんてこった


椅子と机がない生活のデメリットがここで出てくるとは


ジーザス

こんなことろに盲点が


新たな気づき

まあ
結局ほかの部屋から椅子を持ってくることで解決したのだが



改めて家の電気っているのは
椅子などの台があることが前提に考えて設置されている
と気づいた


「普通は椅子ぐらいあるだろ
普通はね

って考えだ


何ともミニマリストに優しくない設計だ
(最近は届く範囲まで降りてくるものあるようだが)


違う視点だと
バリアフリーってのは
こういうことにも
対応できていなければダメだなと感じた


確かに電球交換ってお年寄りには辛いな



(余談)
女性は電球変える男に男らしさを感じると聞いたことがあるが
僕はカーテンを設置できる男の方がいいと思う

フックを一つ一つ掛けていくのって結構重労働だ




ひとり暮らしの際は要注意

今は実家で暮らしているから
椅子があったからよかったけど

ひとり暮らしした場合は
電気を交換できるか?
を考えなくてはいけないなぁ


もしかしたら
ひとり暮らしミニマリストには
脚立が必須なのかもしれない
普通は椅子がある) 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. あ
    • 2019年05月22日 16:35
    • 夏から1人暮らししようと思ってたけどこれは盲点だった
      自分も机椅子無し生活の予定だっただけに、これは再考しなくては。。
    • 2. yonn
    • 2019年05月22日 17:06
    • >>1
      コメントありがとうございます。

      最初に、ほとんど電球を変える必要がないLEDにしてしまうというのも手だと思っています
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット