a0027_002874















「迷ったら捨てる」は「変化を起こす」という意味


断捨離のコツとしてよく言われるのが

「迷ったら捨てる」


というもの

これは迷うぐらいのモノなら
対して必要ないモノ

という意味もあるけど




一番重要なのは

「変化を起こす」





ということ



捨てる=環境の変化



もしも捨てずにそのまま残してしまうと
今までと変わらず
何の変化もない状態のままである


変化を起こし
自分の環境、心境がどう変化するのかを観察する

その結果、
なくてもいいや
やっぱり必要
と思っても

どっちであってもいいのだ



変化の大切さ



重要なのはそのモノがない状態を
知ることができたこと




知ってると知らないの差は大きい




わからない→わかった
に状態が変化したことが大切


捨てた物を買い直す手間なんて
これを知れたことにくらべれば
些細なことだ

人気ミニマリスト達の更新情報をチェック!

ランキングに参加してます!クリックすると現在の順位が見れます!
:ブロブランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  :ブログ村ランキング

人気記事

【ミニマリズム】ミニマリストをやめた人 
ベッドを手放して手に入れた3つの自由【生活】
【ミニマリスト】これからの「ミニマリスト」の話をしよう
【ミニマリスト】格安simに変えて気づいた「情報」弱者と「行動」弱者

趣味の記事

【ランキング】好きなマンガランキングベスト50【マンガ】
【ボーカロイド】今更!?透明感のあるボカロの良曲を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック